丸山沢・畏敬の岩稜を愉しむ

【日  程】2012年9月9日(日)     【天 候】晴
【山  域】 中央蔵王  丸山沢遡行・ロバの耳コース観察
【行  程】  7:30賽の河原駐車場→7:47ひよどり越え→8:05濁川→8:20カモシカ温泉跡地→8:05丸山沢 →10:35滝壁を登る11:35→12:15昼食地点1434m →12:30滝を高巻き→12:50ロバの耳13:10→14:00新噴気口→14:10カモシカ温泉跡地→14:30濁川→ひよどり越え→15:10賽の河原駐車場

【メンバー】 ・L佐○さん/SL○○さん/星○さん/管○さん/加ト幹さん/深○嬢さん/八○さん/鈴○さん/ あ○さん/マロ7   計10名(名前は記憶の範囲内で…)

 宮城県山岳連盟が主催する丸山沢遡行があると聞いたのはひと月前だったでしょうか。これを逃す手はないと早速、Iスポーツを通じて参加申し込み。 ( ^o^ )
 蔵王の夏道ルートでのお気に入りは南蔵王のコガ沢から水引周回と、ロバの耳コースが私のお気に入りです。そのなかでロバの耳から俯瞰する丸山沢はどんな顔をしているのだろうか興味津々でした。でも、上から眺めただけではごく一部しか見えません。
 7時集合の賽の河原に20分前に到着、ほとんどの方が集合です。なかには本ブログにコメントをいただいてるかたも少数(笑)ミーティングで丸山沢(10人)と左エ門沢(12人)にグループ分けにします。
a0127015_1911235.jpg






マロ7は意中の丸山沢へ志願、小松原沢、焼石フロ沢を一緒にしていた超どM新人さんはアレレ、あっちえ行っちゃった。講師がYoshikiさん(白峰会)の丸山沢コースに編入して色々教わることになります。
それにしても、駐車場に止まった関係者のキャンピングカーの後部は凄い装備でした。
a0127015_193374.jpg



10人中3人だけフリーで、あとは山岳会所属の方々です。
a0127015_194526.jpg


自己紹介をして一路、濁川へ下ります。
a0127015_19503.jpg


濁川からカモシカ温泉跡地へは刈り払いがされたばかりで快適な道です。
a0127015_1951650.jpg



カモシカ温泉跡地で休憩、清水を満タンにして丸山沢へ入渓します。
やはり、噴気口が近いせいか川の中は硫黄臭で温泉気分です。
a0127015_1954072.jpg


イタドリの中はひんやりして気持ちがいいですね。
a0127015_1961089.jpg


さぁ、これからが核心部、沢はどんな表情を見せてくれるでしょう。
達人の装備です。
a0127015_1963757.jpg



キワドイところはあまりないでしょうと…思って進みますが、何かあやしい。
a0127015_19741.jpg


これまで、吾妻大滝沢、小松原沢、焼石フロ沢と遡行しましたが今回の丸山沢はナメはありませんし、岩がゴロゴロです。たまには水に触れてみたくなるこんな所も…(^^;)
a0127015_1974314.jpg


若者は挑みます。
a0127015_1982710.jpg


やはり出てきましたあやしいところが…。
ケツ団してここは2ルートで開拓です。(^o^)
a0127015_19102845.jpg


加ト幹さん、切り込み隊長です。
a0127015_19111385.jpg


一方、福島からの八○さんも左側を開拓です。
a0127015_19124970.jpg


a0127015_1913144.jpg



前回の焼石フロ沢にも行き止まりで滝壁を遡上したのですが同じような状況です。
岩肌は階段状に節理でなんか行けそう。
a0127015_1913577.jpg


Rの佐○さんと加ト幹さんが2ルートを開拓します。
下から見ていても安心、着実に高度を増して上部に到達です。
a0127015_19142746.jpg


沢を歩くたびに難易度は上がってるようだが、まだまだマロ7の技術は追い付いていかないようだ。
沢3回目の鈴○さん、若いということはいいね。
a0127015_19154873.jpg


この滝は1時間かかって完了したが満足度120%。
a0127015_19165063.jpg


ガスがかかって目視ではロバの耳は確認できません。(^_-)ザンネン
a0127015_19172674.jpg


滝にぶつかりました。ここは登れそうもないのでまずは腹ごしらえで昼飯です。
a0127015_1917452.jpg


a0127015_19182415.jpg


左岸を高巻しますが…滑ったらやばい。
a0127015_1919132.jpg



いよいよ、ロバの耳の北陵から挑みますよ。
a0127015_19191879.jpg



急斜面を20分間登り、ようやく山頂に。
a0127015_19193046.jpg


a0127015_19194816.jpg


a0127015_19201688.jpg

ここで記念写真…蔵王3人組はここでお別れ、所要があり刈田駐車場に戻るそうです。オツカレサマ

ガスのなか一瞬、展望が開けましたよ。
a0127015_19203059.jpg


下山は初のロバの耳コースの下りです。登りと風景が違うので右へ左へです。
名残のコマクサが一輪ありました。
a0127015_19205792.jpg


なぜか五色岳東綾に目がいきますねぇ~。
a0127015_19214517.jpg



やはり、下山は慎重にでしたよ。
a0127015_19223045.jpg


あっという間に新噴気口側へ出ました。野湯もいいなぁ~。
a0127015_1922569.jpg



旧カモシカ温泉跡地で一息いれます。
目の前の山ブドウの房が垂れさがっていました。
クマさん今年は大喜びでしょうね。
a0127015_19233166.jpg



途中でツルウメモドキを見つけたりして濁川を渡渉、標高差150mのひよどり越えをあがります。
a0127015_1924077.jpg



舗装路に出れば、ギヤをオーバードライブに入れて賽の河原駐車場へ到着です。
アレレ、左エ門班が来ていないので待つことに…。
a0127015_19241915.jpg


 待つこと2時間、無線が入りまして尾根に出たって、今の時間だったらヘッデン覚悟でしょう。(‘_’)
我々はヘッデンを持って迎えに行くことになりました。
ヒヨドリ越えをほぼ下ったところで一行と鉢合わせ、疲れた方のザックを背負って反転、全員無事到着しました。

登り青…下り黄色です。
a0127015_19263350.jpg


 今回は、藪なし、ナメなし、懸垂降下なしでしたがアルペンムードを漂う雰囲気の丸山沢を堪能しました。
 青春の思い出の丸山沢を思いもがけず遡行できて感無量です。
 関係者の皆さん、有り難うございました。     <多謝>
[PR]
by maro4070 | 2012-09-09 21:29 | 沢登り


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧