南蔵王花街道・ハクサンイチゲに会いに

【日  程】2012年6月23日(土)     【天 候】曇 ガス
【山  域】 南蔵王
【行  程】5:30白石スキー場→6:00白石女子高小屋跡→6:25ユキトリ沢→アザレア平→関さん遭難碑→8:00不忘の碑→8:10不忘山8:20→アイハギの峰→9:05南屏風岳→水引分岐→10:05水引平→10:40水引入道10:55→11:00大日向→ジャンボリーコース→12:10神嶺林道→12:35白石スキー場
【メンバー】マロ7・おっ家内   計2名

例年なら6月10日頃を目安に南蔵王花街道を満喫するのですが、今年の6月の週末はガス天気であります。今日は、天気が回復するのを神頼みして向かいました。
刈田峠から不忘山までのピストンをねらったのですが、エコーライン入り口ではもう、ガスと突風です。
ならば、白石スキー場から不忘までかと転戦です。
画像は七日原から仰ぐ南蔵王連峰、左手に馬ノ神岳、右手に後屏風が顔をのぞかせているだけです。(^^;)
やっぱり南蔵王花街道を拝まないと夏山は来ないよねと…自問自答。
でも、今日は伊達塾を聴講しますので2時まで仙台に戻らなければなりません。
a0127015_19504741.jpg






白石スキー場はまだ2台しかいなかった。
a0127015_2123349.jpg



5時半出発、12時までに下山しなかれば2時の仙台着は間にあいません。
6時間半の設定ですから周回できればしめたものです。
白石スキー場から見た不忘、水引はガスの中で、まっ、行けるところまで行こうとなった。
今朝の見晴らしは最高、霊山の山肌も明瞭に見えます。真夏には山百合の花が一面にゲレンデに咲くのですよ。
a0127015_21376.jpg


途中、ギンランが咲いていました。撮影はおっ家内(^^;)
a0127015_2144818.jpg


白石女子高小屋跡からは登山道となり、山つつじが目を楽しませてくれます。
a0127015_2151096.jpg



ユキトリ沢で一休み、東側へ延びるかすかな踏み跡はスキー場へ通じる藪ルートでしょうかな。
a0127015_216117.jpg


今年初の、アズマギクが数輪。
a0127015_2163395.jpg


アザレア平を過ぎると本格的な登りですが、ここの登山道は悪路そのもの掘り込みもあり「山の愛顧の泥んこ教室」ですよ。( ^)o(^ )
a0127015_2165524.jpg



弘法清水で一休み、ガスは一向になくなりませんど。
a0127015_217112.jpg


「関さんの遭難碑1976」で手を合わせていよいよ花街道へと辿ります。
a0127015_2172972.jpg



花期は終盤でしょうか、ハクサンイチゲは見受けられるものの、ん~む、少しは期待はずれ。(^_-)
a0127015_2181165.jpg



不忘の碑で一休み、そういえば今日は沖縄戦終結の日でしたね。
脱線しますがみなさんこの歌を知っておりますか。「月桃」川崎町の歌声喫茶木勘坊で覚えた歌なんですよ。http://www.youtube.com/watch?v=x-9BJLs3Sv0
a0127015_2191444.jpg



水引入道をみながら不忘山へ辿ろうとしたのですがガス山、あと1ヶ月をすればトラノオの花で埋め尽くされるのを想像しただけでも楽しいね。
a0127015_2110334.jpg


山頂の祠様に安全祈願の賽銭をいれて花街道の坩堝に入ります。
a0127015_21102790.jpg


コザクラは殆ど消えかけていたでしょうか。ハクサンイチゲもまばらになってきました。
a0127015_211161.jpg


刈田峠からきたというソロの男性、ガスの中を2時間できたというから早いですね。
紫のオダマキは今が旬でしょうか。やはり、花街道は6月10日前後がいいですね。
a0127015_21104983.jpg



南屏風への登りにさしかかりましたが、おっ家内はガスの中である。ようやく私に追い付いたら足が痛いという。あらら、こんなところで動けなくなったら「姥捨て山」になるんではと不安が走る。 サロンパスを貼って休みながら行こうとなった。これで仙台2時は諦めた。
南屏風岳山頂ではミネズオウが咲いていました。
a0127015_21121069.jpg



水引平に向かうここの急登もおっ家内は慎重に降りる。その分、まだコシアブラが収穫できました。
a0127015_21123268.jpg


水引平は蛙の卵が浮遊、そういえば昨年はビデオ撮影してて孵化するところを1時間もねらってたおっさんがおりましたね。
a0127015_21124530.jpg


水引平はチングルマが咲いて彩っていましたよ。
a0127015_211368.jpg


最後の登りだよと言って、おっ家内に頑張っていただきました。
1年ぶりの水引入道の山頂標識に再開です。参考http://maro407080.exblog.jp/12879240/
厳冬期を過ごした標識はすっかりやつれていました。時々は、他のブログで見ていたのですが、バーナーでギッチリ焼いて塗料を塗ったのですが駄目でしたね。熊さんに狙われなかった分だけよしとしなければね。そこへソロの男性がやってきました。聞きますと東松島の○○さん、刈田峠から来たそうですがここは初めてだそうです。そして角田の大○さんもやって来て記念の写真。
a0127015_21134092.jpg


写真を撮りませんでしたが大日向ではウスユキソウが咲きだしました。
突風とガスの中をジャンボリーコースの樹林帯へ飛び込みます。昨年8月はコガ沢へ下ったのですがおっ家内の足のことを考えればジャンボリーしかありません。
a0127015_21142586.jpg


ミヤマハンショウズルが沢山絡んでいましたよ。
a0127015_2114395.jpg


このジャンボリコースは、名前のとおりジャンボリー大会の時に作られたそうです浩宮様が来たので宮様コースとも呼ばれていますが、展望なしのブナコース、秋はいいでしょうね。
a0127015_2116154.jpg


おっ家内が林道に出たらすぐ車に乗れるようにと自分だけ先を急ぐことにしました。あわよくば30分くらいは時間差を…と思ったのですがおっ家内が林道に出たのは20分差でした。
白石スキー場に戻ったのは12時35分、何とトラさんがこの時間帯にコガ沢周回に登ったというから凄いですねぇ。ニッコウキスゲは誰かが植えたのでしょうか。
a0127015_2118973.jpg


林道を戻るとおっ、山姥が手を振っていましたよー。
今から高速を走れば2時に間にあうような気がしましたので、村田からCRV最後の高速走行となりました。
a0127015_21195059.jpg



順調に高速を降りて西道路に入ったらトンネル内は渋滞(+_+)
a0127015_21191758.jpg



でも、ようやく間にあいました。
今日の演題は「幻の第3国主、伊達光宗」英知あふれる正宗公の孫でしたが健康面では優れず、二十歳の時に江戸から戻り仙台で激務に追われて病死したそうです。
私はてっきり、幕府の隠密に狙われたのかと…。

a0127015_2136443.jpg




参考
伊達光宗は、仙台二代藩主・伊達忠宗公の次男です。
長男が夭折していたため、嫡男となっています。
生母は正室・徳川氏・振姫 将軍秀忠公の養女。
養女といっても、秀忠公の姪。家康公の次女・督姫が池田輝政公との間に儲けた姫です。
家康公の孫でもあり、実家から見ても、外様大名の大家同士の縁組。
将軍家と伊達家を繋ぐ縁組でもあります。その間に生まれた光宗は文武両道に通じていたと言います。名前の「光」は家光公の名を一時頂戴しているとうです。
この関係から、伊達家は当時としてはまずまずの安泰が約束されていたのか?
ところが、この光宗、早世してしまうのです。
病死であると言うことですが、当時より暗殺説もあったと言うことです。幕府では、あまり出来のいい時期藩主と言うのは・・・と言うのもあったと言う説。
藩内では、あまりにも将軍家に近すぎるとの説など。
それが歴史の面白さかな。
この光宗君が存命し3代藩主となっていたら、伊達騒動も起こらなかったでしょうね。
[PR]
by maro4070 | 2012-06-23 19:50 | 蔵王


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧