カテゴリ:関山界隈( 12 )

関山・峰渡りの大ぶなに会いに行くかぁ~

【日  程】2014年4月12日(土)  【天 候】晴
【山  域】 奥羽山脈のまん中 
【行  程】 8:50国道48スノーシェルター→坂下境目番所跡→旧道→9:50峰渡り→大ぶな→宮城側分岐→12:10関山12:40→13:05山形側分岐→関山→往路戻る関山旧道→15:15坂下境目番所跡→15:35国道48スノーシェルター
 【メンバー】 浅井さん、井〇さんmorinoさん、maronnさん、マロ7 計5名

今回は山歩きを兼ね、峰渡りのぶなと道形の確認ということで、この地を長年調査しております天童郷土研究会・浅井さんに同行させていただきました。
a0127015_19173295.jpg


つづきの画像です
[PR]
by maro4070 | 2014-04-13 08:07 | 関山界隈

関山・峰渡りの大ぶな

関山・峰渡りの「大ぶな」
大ぶなはどこにでもあるのだろうが、ひとつ気になっていたぶなの木があります。
2013年11月の関山峰渡りの探索をしたところ、見事な「大ぶな」を確認し、皆さんで名前をつけようか、ならば千手観音みたいだから「千手ぶな」と呼んでいいのでは…と下山したところでした。

その後、調べていくうちに高倉淳先生も気になさっていたこともわかりました。

みやぎ街道交流会の名誉顧問でありました、高倉淳先生の一文をお借りします。
【坂下番所から西進しますと明治新道に渡る橋があり左折します。巨岩が道をふさいでいたり、猿が出迎えてくれたりしたことが思い起こされます。歩を進めると江戸期の街道と交わり、急坂の先に坂下番所を見下ろすことが出来ます。さらに山の鼻を迂回してトンネルに向かいます。塞がれた入り口からのぞくと中には水がたまり、286m先に東口の光が見えます。
 踏査隊はもときた道に戻り、登りやすい所を見つけて登り始めました。宝暦11年(1761)に記された「奥州仙台領遠見記」には「中ほどに大ふなといふ所あり、ぶなの大木数本あり」と記されていますがどうだったでしょうか。】
高倉淳先生は、昭和50年代、文化庁の「歴史の道調査」で歩いていますので、思い出しながら書き進めた一文で「大ふな」といふ所を,気になさっていたと存じます。
画像はその場所か…そして「大ふな」いや、「大ぶな」でしょうか。
a0127015_6161165.jpg


つづきです
[PR]
by maro4070 | 2014-04-03 08:00 | 関山界隈

関山古道の初冬を辿る

【日  程】2013年11月30日(土)  【天 候】曇
【山  域】奥羽山脈のまん中 
【行  程】 8:50国道48スノーシェルター駐車場→9:00坂下番所跡→9:20旧道→峰ルート→県境→11:05関山11:20→往路戻る関山旧道→13:00国道48トンネル手前駐車場
 【メンバー】関山街道フォーラム協議会  浅〇さん、遠〇さん、工〇さん、横〇さん
        みやぎ街道交流会     ジュンさん、マロ7
        フリー  井〇さん
        報道  山形新聞さん、伊達に会いたいスタッフさん
目的 ・古銭が発見された箇所を調査し、県境部付近での嶺渡りルートを探索します。
また、坂下御番所跡から直接旧道に交差部まで嶺渡りルートを辿る(現地状況によって実施するか判断)予定です。
2013.地元新聞に「関山古道」にて永楽通宝発見の記事が掲載されました。
発見者は東北アウトドア情報センター登山講座を主宰する八島さんです。
関山峰渡りコースはこれまで2度足を運んでいますので、興味津々です。
各団体の皆さんと雪の関山へ向かってみました。
鉈と熊手とロープをザックに入れて、おまけに山頂標識も準備で…。(^^)これで万端なのだ。

【これまで】
2011.5/5 関山古道 http://maro407080.exblog.jp/12523912
2013.4/29 関山峰渡・関山街道フーラム探訪会  http://maro407080.exblog.jp/17713612/

a0127015_21551542.jpg


つづきは…こちら(*^_^*)
[PR]
by maro4070 | 2013-11-30 21:59 | 関山界隈

関山峰渡・関山街道フーラム探訪会<第2回>

【日  程】2013年4月29日(月)     【天 候】晴
【行  程】 関山トンネル・宮城側旧道入口~峰渡り交差点~関山隧道~峰渡り交差点~関山~永晶橋
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会」約40名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道の探索に参加しました。作並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は20名でしたが、100名を越えた申し込みがあったそうです。
早速、関山隧道へ向かいます。
a0127015_1138493.jpg


つづきは…(^o^)
[PR]
by maro4070 | 2013-05-01 11:37 | 関山界隈

旧関山隧道探索…梅雨入り前の良い天気だからネ。

【日  程】2012年6月2日(土)     【天 候】快晴
【行  程】R48関山旧道分岐駐車場
→峰渡り交差点→旧関山隧道→峰渡り交差点→坂下番所跡→R48関山旧道分岐駐車場
【メンバー】マロ7・おっ家内・マロⅡ  2名と1匹

日曜日は用件があるから、土曜日は出かけようと思っていたのですが……。
なかなかモチベーションがあがらず8時を上回ってしまう。
では、出かけるべぇ~って、マロⅡも行くかって言ったら…ウナズキマーチ(^_^;)

では、西に進むかと愛子の「バースディ」で昼飯(酵母菌のパン)を補給…。
a0127015_21145368.jpg


More
[PR]
by maro4070 | 2012-06-02 21:17 | 関山界隈

小山田新道<宮城版>と関山旧道へ

【日  程】2011年5月8日(日)     【天 候】晴から雷雨で曇り
【山  域】宮城・奥羽山脈  小山田新道と関山旧道   
【行  程】①桂沢駐車場~尾根~戻る~桂沢駐車場
②関山旧道駐車場~峰渡交差~関山隧道~尾根~関山隧道~峰渡交差~関山旧道駐車場
【メンバー】  じゅんさん/横山さん/morinoさん/マロ7/おっ家内・5名

先週は関山峰渡りを歩き、今回はその、南側の小山田新道を垣間見る行程です。
小山田新道は昨年の11月に山形側を歩いていますので、是非、宮城側を歩きたいと兼ねてから思っていました。
小山田新道の発掘者である東根市の浅井さんが同行の予定でしたが所用で都合つきませんでした。よって、5人で桂沢から登り、小新川山を経由して関山隧道経由で国道48号線に戻る計画なのです。画像は、作並の鎌倉山、萌が覆っていますね。
a0127015_21313899.jpg


続きは…こっつ(~o~)
[PR]
by maro4070 | 2011-05-08 21:39 | 関山界隈

関山古道へ

【日  程】2011年5月5日(木)     【天 候】晴
【山  域】宮城・奥羽山脈  関山古道   
【行  程】山形側駐車場~永昌橋~関山峠県境頂~峰渡り古道登山口~坂下番所跡~宮城県側駐車場
【メンバー】じゅんさん/津久井さん/北沢さん/morinoさん/マロ7/おっ家内・6名

かねてから関山古道を歩きたいと考えていた。
関山古道は、「小山田新道」が完成した数年後の明治15年に完成している。
現在の関山新道ができるまで山形と仙台を結ぶ大動脈であった。しかしながら、昭和44年に新道が完成すると廃道となり現在は両側の入り口が閉鎖されているも、山形側は近代化産業遺産に登録されしっかりとした保存がなされ宮城側は見る影もない。
この関山古道振り返れば、高一の夏の日のチャレンジ、自転車で北上し盛岡に一泊、翌日は十和田湖畔、三日目は八郎潟、四日目は余目駅構内にお世話になる。台風が接近し強風となったので福島には行かず宮城に帰ることとした。
a0127015_20394434.jpg


その時、旧関山街道を自転車で越えることとなりました。当時、関山隧道には女の幽霊<雪女>が出るらしいと河北新報にも載った。タクシーが後部座席に乗せて愛子で降ろそうとしたら女は乗っておらず座席だけが濡れていたそうである。自転車は暗いトンネルを進む訳ですが、路面は凸凹、上からはヒタヒタと水が滴り背中に落ちたので相当のブルブル感でもあった。
あれから40数年、またとないチャンスが巡って参りました。


7時半の予定に5分遅れで作並チェン脱着所に到着、何故か見慣れた方が、なんとsoneさんでした。今から月山を滑りに行くそうです。そして、第2待ち合わせ場所の桂沢橋で浅井さんと待ち合わせです。少しだけ小山田新道へ通じる尾根の入り口を確認ということであります。ここは地図にも明記されていないルートだそうですが、その昔は木材の搬出に使われたそうです。30分の時間でしたが謎であった尾根へ取り付くルートを教えていただき感激です。
a0127015_19585091.jpg


続きは…こっつ(~o~) 
[PR]
by maro4070 | 2011-05-05 19:00 | 関山界隈

小山田新道…宮城版

【日  程】2011年4月17日(日)
【天  候】晴
【山  域】小山田新道~作並の南側彷徨 
【行  程】①八ツ森駅→伊保岩と滝→片津沢渡河→尾根→戻る→架橋地点跡→八ツ森駅
②北沢林道→宮城営林杉林→小山田新道→作並道交点(昼食)→仮称作並峠→戻る→崩落地点→尾根下る→北沢隧道→戻る→宮城営林作業道→宮城営林杉林→北沢林道
【メンバー】 浅井さん/松○さん/ジュンさん/横○さん/津○井さん/ebyanさん/マロ7・ 7名
【アクセス】
3月6日に東根市の本郷公民館で、浅井さんの講演を聴講してから50日ばかり、未曾有の大震災でお山に行けない日が続いたが…ようやく巡ってきた。それも、浅井さんが案内しての小山田新道歩きだから逃す訳にはあるまい。
8時半のニッカ正門前に集合して打合せ、最初に無人の八ツ森駅あたりを闊歩して移動する。新道交点を確認してから、小山田新道の一部を歩くらしい。
宮城側の小山田新道はあまり知られておらず、殆ど廃道化しているみたいだ。でも、宮城農業高校の実習林があったせいかその名残はあるみたいだ。
a0127015_19352672.jpg


続きは…こっつ(~o~) 
[PR]
by maro4070 | 2011-04-22 20:08 | 関山界隈

彷徨…小山田新道

a0127015_1313812.jpg

3月6日に東根市の本郷公民館にて、浅井さんによる小山田新道の講演を拝聴したばかりでしたが、2ヶ月を待たないで浅井さんの案内で巡るチャンスがやって来ました。
じゅんさんから声がかかり、この日は7名のメンバーとなり今から130年前の古道を垣間見ることが出来ました。
最初は八ツ森から北沢林道が見える地点の尾根までを周回です。浅井さんの説明では、ここに二間幅で長さ二十メートルの栗の木で作った橋がかかっていたとのことに…うなずく。次に、北沢林道交点で、小山田新道の交差を確認します。
そして、尾根に登って短時間ながら、藪化した道を辿って明治初期に全財産を投げ出した小山田さんの意気込みを感じ取りました。
途中、崩落した道で折り返して尾根を下り北沢林道の隧道に出ましたが、急斜面を降りる班と折り返して登る班にわかれ駐車地点に戻りました。
今回は、宮城ルートのごく一部を垣間見ましたが、これで何とか小山田新道の出発地点と終着点を踏むことが出来ました。浅井さんと同行の皆さんに感謝いたします。
なお、いまだに携帯投稿ですので、詳しくは、ebiyanさんとじゅんさんのブログをご覧ください。
本欄は、インターネットの環境が回復すれば追加修正いたします。
[PR]
by maro4070 | 2011-04-19 13:01 | 関山界隈

『猪野沢(小山田)新道から関山峠へ』東郷地区歴史講座 

【日  程】2011年3月6日(日)10:00~12:00
【勉 強】山形県・東根市 東郷地区歴史講座  
【タイトル】『猪野沢(小山田)新道から関山峠へ』 
【メンバー】ミイラさん/じゅんさん/morinoさん/マロ7・ 4名
【動  機】かねてから関山古道を歩きたいと考えていましたところ…。昨年11月に歩いた「猪野沢新道:小山田新道」の講演会が東根の本郷公民館で開催されることを、じゅんさんから知らせをいただきました。早速、ミイラさんmorinoさんと参加し午後からはどこかのお山と思案をしていたところ、じゅんさんから「関山古道の峰渡り」が提案あり、即決です。
morinoさん、集合場所…フライイングで先まで進んでいましたど。(@_@)
a0127015_19284369.jpg


つづきは…こちら
[PR]
by maro4070 | 2011-03-09 19:20 | 関山界隈


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧