カテゴリ:沢登り( 19 )

丸山沢・畏敬の岩稜を愉しむ…パート2

【日  程】2013年10月5日(日)  【天 候】晴~曇~霧雨
【山  域】 中央蔵王  丸山沢遡行・ロバの耳コース
【行  程】  7:50賽の河原駐車場→8:10ひよどり越え→8:30濁川→8:50カモシカ温泉跡地→丸山沢 →11:00滝壁を登る12:00→昼食 →13:10滝を高巻き→13:30ロバの耳13:55→14:4新噴気口15:10→カモシカ温泉跡地→15:30濁川→ひよどり越え→16:10賽の河原駐車場

【メンバー】 ・L加ト幹さん/キコリのKさん/田〇さん/トラさん/ utinopetika2さん /深嬢さん/NONさん/平嬢さん/ /マロ7   計9名
 昨年、宮城県山岳連盟が主催する丸山沢遡行があり参加しました。
この時の結論として、畏敬の岩綾はまた来なければ…とね。
さてさて、東京組のお二人さん(NONさん・平嬢さん)が参加する丸山沢遡行は、前日にお天気祭りをしたので、朝起きてみますと1100mの山小屋は快晴なのです。何故か下界は霧雨でしたから、お天気祭りは成功なのでした。(^o^)紅葉の雁戸山
a0127015_21415667.jpg

【参考】
2012年9月15日(土)
蔵王カモシカ温泉へ行きたい…(^_^)/~
 http://maro407080.exblog.jp/16202878/

2012年9月9日(日)
丸山沢・畏敬の岩稜を愉しむ…パート1
http://maro407080.exblog.jp/16149496/

つづきは…こちら(*^_^*)
[PR]
by maro4070 | 2013-10-08 22:28 | 沢登り

焼石連峰尿前川本沢・…美渓の沢に惚れる(^o^)

【日  程】2012年9月21日(土)  【天 候】快晴
【山  域】 焼石連峰  尿前川から本沢遡行→泉水沼付近の登山道に出る
【行  程】 8:10中沼駐車場→8:30尿前沢→フロ合流点→ハタシロ沢合流点→三ツ折り滝→40m滝→三段ナメ→二俣(夫婦滝)昼食→40m大ナメ→15:00雪渓→池糖→15:40登山道→16:25銀明水→16:50上沼→17:10中沼→17:35中沼駐車場
 
【メンバー】佐○さん/トラさん/加藤幹事長/跡○さん/ドMさん/キコリのkさん/管○さん/マロ7  計8名

沢も暑すぎるくらいの快晴で、最高の沢日和に焼石の尿前本沢を遡行してきました。
地形図に多くの滝が見られる尿前川本沢は、そのとおり多くの滝を抱えていました。沢は、滝、ミニゴルジェ、ナメ、と遡行する我々を飽きさせることはありません。
沢の本には「小粒ながらピリッとしまった沢」と書いてありますが、沢登り2年目の我はいろんな要素がつまった、激できれいな沢、逍遥され楽しくそして最高の沢を歩いてきました。
跡○さんのサロンカーに往復楽しく乗せていただきました。
トラ撮影の画像です。
a0127015_718668.jpg


続きはこちら(^_^;)
[PR]
by maro4070 | 2013-09-21 22:57 | 沢登り

宮城岳連・沢登り&セルフレスキュー講習会

日時:平成25年9月7日(土)~8日(日) 1泊2日
集合時間:9月7日13:30   解散予定時刻:9月8日13:00
場所:宮城県蔵王自然の家(セルフレスキュー講習・机上講習) 澄川支流小阿寺沢(初級沢登り講習)
経費:1名3000円(宿泊費・食費・資料代)
持ち物:(各自)渓流シューズ、ヘルメット、ハーネス、安全環つきカラビナ、カラビナスリング数本、エイト環、筆記用具、ザック、手袋、雨具、行動食 (あれば)ハンマー、ハーケン、登高器、ツェルト
(山岳会)9 mm 以上のロープ、プーリー等


三階滝沢の遡行を終えて宮城県蔵王自然の家に戻りました。
午後からは本講習会に参加して沢登りの基礎から学ぶことになります。
自然の家玄関前には、合宿を終えて家路に辿る、笑顔の子供達が印象に私も笑顔で入館です。
a0127015_657541.jpg


つづきは…こちら(^_^)/
[PR]
by maro4070 | 2013-09-10 06:55 | 沢登り

蔵王三階滝沢とオヤジ達の戯れ

【日  程】2013年9月7日(土)     【天 候】雲
【山  域】蔵王連峰 南蔵王  
【行  程】7:00遊歩道駐車場→7:08澄川→8:00三階滝沢出合→8:10 巻き→9:25 60m滝9:35
→10:00 25m滝→巻き<10:05落石>→10:50白龍の滝10:55→登山道→11:40烏帽子スキー場12:00→遊歩道→12:30蔵王自然の家
【メンバー】加藤幹事長、キコリのkさん、ドMさん、マロ7 計4名

蔵王の三階の滝は澄川の支沢である三階滝沢にある滝で日本の滝百選のひとつでもあります。
多段に落ちる滝を、三段三階に見立てて三階の滝と呼んでおり、高さ181m、幅7m、滝つぼ12mとされ、エコーラインにある滝見台からでなければ、その全体を眺めることは出来ません。
さて、ホオジロコースの途中にある駐車スペースから辿ります。
a0127015_100135.jpg


見っさいぐが…(^o^)
[PR]
by maro4070 | 2013-09-08 20:47 | 沢登り

吾妻大滝沢は何度来ても楽しい…(*^_^*)

【日  程】2013年9月1日(日)     【天 候】雲~晴
【山  域】吾妻連峰 大滝沢  
【行  程】滑川橋駐車場→F-1滝→大滝→巻き終了→ネコノ沢→ヒョングリ滝→吊橋→桶木沢→潜滝→登山道→滑川温泉林道途中のP
【メンバー】佐○さん、トラさん、チヤリマさん、加藤幹事長、キコリのkさん、ドMさん、マロ7 計7名

升沢遊歩道を歩いてみようかと思っていたら、吾妻大滝沢のお誘いメールに早速「OK僕乗」(*^_^*)
駐車スペースに1台。大滝沢はアプローチがゼロで、車から100m歩いただけで入渓できるのはありがたい。
a0127015_559372.jpg


つづきは…こちら(^^;)
[PR]
by maro4070 | 2013-09-02 09:12 | 沢登り

大行沢で二口の夏を味わう

【日  程】2013年8月25日(日)     【天 候】雲~雨~曇
【山  域】二口山塊名取川支流大行沢  
【行  程】7:15二口渓谷駐車場~入渓~7:20ゴルジュ入口~7:504m滝~8:05左岸小屋~ 8:486m滝~10:13京渕沢梯子滝~10:502段滝(6m+4m)~11:45昼食-12:10~12:39二俣~13:05樋ノ沢避難小屋~15:05二口渓谷駐車場
【メンバー】CLトラさん、SL加藤幹事長、隊員マロ7 計3名
ネットでは「天国のナメ」と魅力的な表現でアップされていますいつかは行きたいと呟いていた二口山塊の大行沢へ。そんなチャンスがトラさんから「癒しの沢へいきませんか」とお誘いがありました。
早速「OK僕乗(^_^)」です。正面が磐司尾根、右手が大行沢です。
a0127015_914171.jpg


つづきは…こちら(^_^)/
[PR]
by maro4070 | 2013-08-25 20:15 | 沢登り

北蔵王・小屋の沢で梅雨を吹き飛ばす

【日  程】2013年7月20日(日)     【天 候】雲~雨~曇
【山  域】蔵王連峰 北蔵王  
【行  程】7:45林道通行止めの左P~8:20ガッカラ沢出会橋~875mの二俣~13:35・30m滝14:15~16:05・1400m稜線・登山道~16:45猫鼻~17:15峩々温泉
【メンバー】CL佐○さん、SL加藤幹事長、キコリのkさん、ドMさん、ケンチョウさん、マロ7 計6名
北蔵王の小屋ノ沢を遡行してきました。
仙台近郊で遡行が楽しめる沢は「小屋の沢」だそうで…「秀渓」とのネット情報。
花崗岩の沢を進み小滝の連続、6人で沢登りを決め込めこんだ。
この沢は標高差が800mもあり、滝の数も多いので滝の処理のため、水平距離が短い割に時間がかかります。
a0127015_10342965.jpg

【注意】ブドウ沢からは悪路と化しイタドリの葉が道を覆い、軽トラでも路面に接する箇所があります。

つづきは…こちら(^_^)/
[PR]
by maro4070 | 2013-07-21 22:29 | 沢登り

吾妻姥滝沢・沢の連ちゃんを楽しむ

【日  程】2013年7月7日(日)     【天 候】曇
【山  域】吾妻連峰 姥滝沢  
【行  程】微温湯温泉-姥滝沢入渓点-姥滝-三俣-草地 登山道-微温湯温泉
【メンバー】福島登高会・相馬散歩会・フィエスタの谷、郡山労山、朋友会、一般参加でラッコさんご夫妻、fwixさん、マロ7 計16名
昨年の大滝沢 http://maro407080.exblog.jp/15723459/

梅雨も関東まで明けたようですが、東北は梅雨真っ盛り・・・・今年も昨年に引き続きラッコさんご夫妻、fwixさんと福島労山主催の沢登り教室(実施:福島登高会)に参加しました。
蔵王の振子沢を終えてから福島に向かいます。
普段なら帰宅ですが、昨年も参加しました福島登高会さんの企画の沢登りなのです。
18時からは宿泊地である福島市内の水林自然林キャンプ場で懇親会がありますので、これは優先しなければね。
a0127015_631579.jpg


つづきは…こちら(^_^)/
[PR]
by maro4070 | 2013-07-09 21:17 | 沢登り

蔵王振子沢で大地の感触…

【日  程】2013年7月6日(土)     【天 候】雲~雨~曇
【山  域】蔵王連峰 中央蔵王  
【行  程】賽の河原~濁川~振子滝~ロバの耳下~お釜~濁川~大黒天~コマクサ平~賽の河原
【メンバー】関東組NONさん以下6(うち小3一人)名・チャリマさん、キコリのkさん、深嬢さん、ドMさん、utinopetika2 さん、マロ7   計12名

このコースは2010年8月29日に辿っており、私にとっては三年前が初めて沢登りでした。
参考 http://maro407080.exblog.jp/11201901/

ヒヨドリ越えにて笑顔の全員ポーズ(^o^)
a0127015_2139259.jpg


つづきは…(^o^)
[PR]
by maro4070 | 2013-07-07 21:40 | 沢登り

丸山沢・畏敬の岩稜を愉しむ

【日  程】2012年9月9日(日)     【天 候】晴
【山  域】 中央蔵王  丸山沢遡行・ロバの耳コース観察
【行  程】  7:30賽の河原駐車場→7:47ひよどり越え→8:05濁川→8:20カモシカ温泉跡地→8:05丸山沢 →10:35滝壁を登る11:35→12:15昼食地点1434m →12:30滝を高巻き→12:50ロバの耳13:10→14:00新噴気口→14:10カモシカ温泉跡地→14:30濁川→ひよどり越え→15:10賽の河原駐車場

【メンバー】 ・L佐○さん/SL○○さん/星○さん/管○さん/加ト幹さん/深○嬢さん/八○さん/鈴○さん/ あ○さん/マロ7   計10名(名前は記憶の範囲内で…)

 宮城県山岳連盟が主催する丸山沢遡行があると聞いたのはひと月前だったでしょうか。これを逃す手はないと早速、Iスポーツを通じて参加申し込み。 ( ^o^ )
 蔵王の夏道ルートでのお気に入りは南蔵王のコガ沢から水引周回と、ロバの耳コースが私のお気に入りです。そのなかでロバの耳から俯瞰する丸山沢はどんな顔をしているのだろうか興味津々でした。でも、上から眺めただけではごく一部しか見えません。
 7時集合の賽の河原に20分前に到着、ほとんどの方が集合です。なかには本ブログにコメントをいただいてるかたも少数(笑)ミーティングで丸山沢(10人)と左エ門沢(12人)にグループ分けにします。
a0127015_1911235.jpg


つづきは…こちら(^^;)
[PR]
by maro4070 | 2012-09-09 21:29 | 沢登り


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧