摩耶山~小粒でピリリと辛い中道・ソリクラコース

【日  程】2013年10月14日(月)     【天 候】快晴
【山  域】 朝日連峰の端の山域
【行  程】  倉沢登山口→中道コース→一の坂→二の坂→三の坂→ソリクラコース分岐→鑓ヶ峰→摩耶山山頂→ソリクラコース→水月神→水月分岐→倉沢登山口

【メンバー】soneさん/マスさん/morinoさんmaronnさん/ナカシイさん/マロ7 計6名
 表題の「小粒でピリリと辛い」は摩耶山のうたい文句なんだそうで、登山コースは3コースあるそうですが、行くのは中道コースを直登し山頂からの下山はソリクラコースです・
超快晴の月山を見て進みます。
a0127015_934958.jpg





摩耶山は、越沢と関川の温海地域の二つの集落から入る西側からのコースは数年前に登っています。滝登りや尾根渡りなどがあり、途中下降することのない上り詰めの道であるが、心地よくひと汗もふた汗もかかせてくれました。
 一方、朝日地域倉沢から向かう摩耶山は眼前頭上に岩肌を露にして立つ険しい山塊であり、急登、鎖場、やせ尾根、急降下をたどっていく、実に変化に富んだコースであります。
標高1,019mの岩峰は朝日連峰と同じ花崗岩からなる地塁山地で、西側に衝風樹のブナ原生林が見られ、東側は積雪によってえぐられ侵食著しく、谷が底深く落ちている。やせ細った険しい稜線が走り、多くの滝をつくり、一見人をよせつけない程の山相をみせています。
倉沢集落から見る摩耶山。
a0127015_97269.jpg



 
鶴岡市朝日地域からの倉沢コースは、やせ尾根、急坂、鎖場の連続します困難なルートで登る人も希、快晴となった10月14日は「体育の日」老体(^^;)にムチ打って登って来ました。このコースはテクニカルで岩場、鎖場、梯子場が多くおまけに落石と決してお勧めできるコースではありません!
登り口はこんな感じで宮城ナンバーと新潟ナンバーが2台駐車していました。
a0127015_984015.jpg



初めは樹林の中の道を行く。緩やかに登って行くが、すぐに登りがきつくなります。
a0127015_985517.jpg


時折、二つのピークが顔をのぞかせてくれ登高意欲が沸きます。
a0127015_9104430.jpg


ここはまだ序の口。
a0127015_9113878.jpg


二つのピークは左が鉾ヶ峰、右が鑓ヶ峰。
a0127015_9122844.jpg



梯子や鎖場が出て緊張感が増してきます。
摩耶山の梯子はひどく不安定で、つなぎのところは浮いてしまいます。
気をつけましょう。
a0127015_914133.jpg



長い鎖場がる。30mほど鎖を手繰って登るとピークに着く。ここからは間近に摩耶山をみることができる。すさまじい大絶壁の山である。
a0127015_9243373.jpg


とんでもない山に来てしまった…と、思ってしまうほどの山稜。
ピークを少し下る。鞍部に着くとそこが分岐になっていて、ソリクラコースの分岐で山頂までは60分。
a0127015_9305418.jpg



そして、帰路となるソリクラコースを眺める。
a0127015_9323244.jpg


ここで一服、マスさん手作りの和菓子には金魚が入ってる。(^^)オイシカッタ
a0127015_933040.jpg



ここからみる登山道は鋸の歯を登るような感じであるが先頭を行くmaronnさんは快調。
a0127015_9335979.jpg



長い鎖をよじ登る、梯子がある、もう登るしかないのである。
稜線脇に雪化粧した鳥海山をみてみんなニッコリ(^^)
a0127015_9354675.jpg


さて、最後のつめは涸れた沢の中の道を急登、険しい道であった。
大きな岩がゴロゴロする涸れ沢の道ををどんどん詰めて行くと、ようやく稜線に着いた。これで岩場の道が終わりみんな笑顔です。
a0127015_938672.jpg


今日のサプライズは、そうです。鋭峰の鑓ヶ峰に登るのです。
SONEさんがルートを開いて、危ない箇所はロープ展長して登ります。
a0127015_9404032.jpg



鑓ヶ峰の山頂には朽ちた祠があって修験者の山と伺えました。
360度の展望は言うことなし。
a0127015_9493564.jpg



一旦、鞍部に戻り西側へ登ると稜線へ山頂へは5分ほどで山頂に着きました。
自分達が登ってきた道を振り返ると、本当に鋸の歯のような道で、よくまあ、こんな道を登ってきたものだと感心、展望は最高である。
a0127015_95363.jpg



山頂で昼食をとり。
a0127015_1005047.jpg

a0127015_958446.jpg


ギャァルズ(^o^)
a0127015_9562190.jpg



ロケット噴射…んっ、火薬が足りなかったかな(-_-)
a0127015_957591.jpg



鳥海山は薄化粧。
a0127015_9594533.jpg


いよいよ「ソリクラコース」である。
山頂から稜線を北にたどると、道は右にカーブして急な下りになります。
a0127015_1021399.jpg



右手に相耳峰を見ながら下ります。
a0127015_104585.jpg


下りの岩場は、登りの何倍もの危険度があります。
安全を考えたら、同じ中道コースをピストンでしょうが、このソリクラコースははずせません。
a0127015_1072823.jpg


すさまじく急な下りになり、道も明瞭ではない所も、しっかりした道ではありません。
a0127015_1010393.jpg


ソリクラコースは、山頂部の大絶壁の下をトラバースして行き、すごい高度感。そのうえ、足場が花崗岩で滑ります。
a0127015_10122342.jpg


鎖場が続きます。この鎖がひどく長く1本で50mくらいあるだろうか。この長い鎖にすがって下って行きます。尾根から右に外れて谷底に向かって下る。ここからはさらに急な下りになった。
a0127015_1014281.jpg


水月で一休み、したたり落ちる滝の水を吸いました。(^^)チューチュー
a0127015_10164063.jpg



摩耶沢まで辿る道は足下が見えないくらいの落ち込みです。
a0127015_1017790.jpg


谷底で流れを渡って、対岸を登って行く。この道も心細い道で踏み跡がしっかりしていない。
ようやく登ってきた道と合流した。(^^)バンザイ
a0127015_10183497.jpg



登ってくるときはとんでもなく険しい道だと思ったのだが、今までの道に比べたら、ここからの道はひどく楽なものに感じます。
a0127015_10204778.jpg


摩耶山東面。
a0127015_10223617.jpg


以東岳をズームしたら、山頂小屋を確認。
a0127015_1024205.jpg


時間内に登山口に到着です。
a0127015_10545212.jpg


『感想』
 下山路となるソリクラコースは、岩場バンドのトラバース、急登、梯子、ロープ、鎖と何でもありで、上級な危険コースです。沢人の端くれの自分からすれば爽快ですが、確かに高度感、緊張感もある激なコースです。
 その分、山頂の展望と岩場の紅葉は抜群で摩耶山の醍醐味を味わった登山でした。今度はヒサユリの咲く頃みにソリクラコースから登って中道コースを歩いてみたいですね。
夕食は寒河江の「福家そばや」で、味噌ラーメンをいただき。

SONEさん的確なご案内をありがとうございました。
同行の皆さん、これで一段とたくましくなりましたね。(^_^)
a0127015_10312240.jpg


a0127015_10595654.jpg


【情報】
・登山道の手すり・鎖の撤去作業は、平成25年10月27日(日)の予定です。
 ※手すり・鎖が撤去されている期間の登山は大変危険です。

・摩耶山倉沢口は、急傾斜が連続する非常に危険な山です。登山道に慣れた方との登山をお勧めいたします。
[PR]
by maro4070 | 2013-10-16 10:26 | 山形のお山


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧