関山峰渡・関山街道フーラム探訪会<第2回>

【日  程】2013年4月29日(月)     【天 候】晴
【行  程】 関山トンネル・宮城側旧道入口~峰渡り交差点~関山隧道~峰渡り交差点~関山~永晶橋
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会」約40名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道の探索に参加しました。作並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は20名でしたが、100名を越えた申し込みがあったそうです。
早速、関山隧道へ向かいます。
a0127015_1138493.jpg





宮城側入り口の左手には、ガードレールをまたいですぐのところに交通通安全を唱える交通安全慰霊碑。
「昭和41年8月8日不慮の事故に依り此の場所に於て○○○○、○○○の両名が帰らぬ人となる茲に其の霊を慰める為建立せるものなり」昭和42年8月1日 友人一同教師有志親戚一同  と刻まれています。
a0127015_1139057.jpg


10分も歩くと峰渡り交差地点、大分崩落がしています。
a0127015_11393755.jpg


「関山隧道」は宮城県と山形県をつなぐ旧国道48号線のトンネルで、明治維新から戦前にかけて日本産業の近代化に貢献したことから「近代化産業遺産」に認定されています。
関山峠の古道「嶺渡り」は明治初期まで使用され『馬も通れない難所』でありました。
a0127015_1140194.jpg


最初に自動車が関山峠を走ったのは大正15年(1926年)で、昭和3年(1928年)には、仙台・天童間を往来する遊覧バスまで走ったらしいです。
a0127015_11404015.jpg


歴史背景ですが、塩竈(寒風沢)〜横浜の海上航路との連絡を踏まえ、陸路での今後の東北開発の拠点になると考えた三島通庸は、酒田港や新潟港〜山形中央部〜塩竈港(野蒜築港)とを連動させるため、両者を最短距離でつなぐこの道に着目し、開発をすすめました。
a0127015_11413281.jpg


その、三島通庸(みしまみちつね)ですが初代山形県令(知事)に就任し、土木屋であった経験を生かし新道の建設が本格化します。
番外ですが、麻生太郎副総理は三島通庸の一族となるそうで、つまり、吉田茂の雪子夫人が三島通庸の孫娘になるのでしょうか...。斜面には廃車が放置されています。
a0127015_11415827.jpg


起工間もない明治13年(1880年)7月21日、宮城県側峠口の坂下で痛ましい事故が発生します。運搬中の工事用火薬約40箱が一気に爆発、従事していた者23名が即死、8名が重傷を負う大惨事になった。死者の中には妊婦もおりその胎児も数に含まれていました。
 爆発は厳禁されていた煙草の火で休憩中に何者かが煙草を吸おうと火を付けたところ、こぼれた火薬に引火し爆発を招いてしまった。こうした貴い犠牲の上に、旧道は作られたのです。
慰霊碑は宮城側にも一つあって国道から見えます。
a0127015_11434325.jpg


明治2年(1869年)、横浜塩竈間に汽船航路が開かれると、それまで日本海の西回り航路で直接山形に運ばれてきた商品が、一転して太平洋側の仙台経由で入ってくるようになりました。
この扱われたダイナマイトも当時、塩竈の石浜に白石商会なる商社があって、海路、横浜から運ばれ塩竈経由で関山の現場に運ばれたのです。
a0127015_11442619.jpg


関山隧道に到着します。標高594mに位置し、トンネルは長さ298m・幅6m。旧道入口から歩いて1時間もかからない道のりです。有名なお方も参加していましたよ。(^o^)
a0127015_1145947.jpg


以前、トンネル左手の峰に登りましたがかなりの急斜面で尾根は相当のヤブでした。
このが横たわる奥羽山脈は、文物の往来で大きな壁として立ちふさがっていたころから、 近代化をめざす三島通庸は「土木県令」とも呼ばれ、村山地方と仙台を結ぶ奥羽山脈横断道路の開発に着手、地元の働きかけなどもあり、もっとも標高の低い関山峠に隧道を掘り、新道を作ることを決意したそうです。
a0127015_1146542.jpg

 
関山隧道は明治13年(1880年)に着工し、二年後の15年(1882年)に竣工している。現在の隧道は、その後昭和12年(1937年)に大型自動車が通れるように改修されたものです。 隧道脇はちょっとした広場になっており、隧道口や峠道には茶屋や旅籠が軒を並べ繁栄したといいます。
a0127015_11463720.jpg


  
隧道ができたおかげで、近隣の笹谷峠は衰退し、二口峠に至っては廃道化することになりました。
明治26年(1893年)に山形を訪れた俳人正岡子規は、関山隧道を通った時の印象を
「涼しさや 羽前をのぞく 山の穴」という句に詠んでいます。
峰渡り交差部が今回の難所です。
a0127015_11471589.jpg


ジュンさん、奮闘です。
2本のロープが垂らしてありますが、落石があります。ひとり一人登るので結構の時間がかかりました
a0127015_11475624.jpg



関山峠は、厳密にこの上にある「嶺渡り」の頂上を指しますが、国土地理院の地形図では隧道のあるあたりが関山峠です。北面白山の東側鋭鋒です。
a0127015_11491461.jpg
 

関山頂上付近はヤブです。
a0127015_11495557.jpg

a0127015_1150255.jpg


ここで各班ごとに昼食タイム。
a0127015_115132100.jpg


右手下には国道48号線を見ながら、群生のイワウチワロードを下ります。
a0127015_11521416.jpg


天童郷土研究会の浅井さんの丁寧な説明で楽しい古道探訪となりました。
a0127015_11523410.jpg


乱川を渡り旧道に出て終着です。
a0127015_11543513.jpg


本会を企画してくださいました関係者の皆様有り難うございました。

まだ、未完成ですので御査収ください。
[PR]
by maro4070 | 2013-05-01 11:37 | 関山界隈


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧