栗駒山・御沢の沢ディ~(^o^)

【日  程】2011年8月27日(日)     【天 候】晴・ガス 
【山  域】栗駒山  1627.7m・ 御沢コース
【行  程】表掛コース登山口駐車場→御沢→大日沢分岐→ハシゴ滝→御室→湯浜分岐→天狗岩→栗駒山山頂→いわかがみ平駐車場→表掛コース登山口駐車場
【メンバー】宮城労山御一行様/マロ7/計17名
                         
久々に青空のみえる天気予報ですが、古川から築館まではワイパーを動かしました。3年前の岩手宮城内陸地震以降の表コースの記録が見あたらないので気になっていましたが、宮城労山のHPを開いたら沢歩きを兼ねて「沢沿いコース」の検証・確認とあるのでそれではと…(^o^)週末も押し迫った金曜日にA会長に嘆願し参加を快諾していただきました。

昨年求めた沢シューズは1回きりの使用で眠っていましたし、そこへ、沢歩きの案内を見つけましたのです。ヘルメットは工事用でいいべが(/_;)
沢用スパッツはないから裾をテープで結んで…(^_^)/~ヨシッ
a0127015_209850.jpg







7時過ぎに栗駒高原オートキャンプ場(閉鎖中)のスノーシェッド手前駐車場に集合です。おっ、メンバーには近隣にお住いの方、そしていつか北泉でお会いしたマムシ草(奥さんが同伴でなかった(/_;))さんがおりましたよ。
a0127015_18365261.jpg

a0127015_18371279.jpg


体操をして、自己紹介をして「表掛コース」入口から登り始めますが入り口からすぐにヤブの世界、ここを横切るとすぐにブナ林にはいります。
a0127015_18373291.jpg


登山道は下草が生え放題、でも、ブナ林は保水し、美味しい山の水を与えてくれます。デロコ沢、岩魚沢を横切りあまり勾配のないブナ林は1時間20分でゆっくりと横切ります。
a0127015_18382064.jpg



御沢の道標が見えると硫黄臭が漂い野湯が出来ているのではと…でも、野湯はありませんでした。(=_=)
a0127015_18384849.jpg


石飛八里と呼ばれる沢歩きは、飛び石を何度も渡りながら沢の上流へ歩きます。ワクワクする楽しいルートですが、1988年の集中豪雨で様子が変わってしまいました。その後も宮城県北地震、岩手宮城内陸地震、東北地方太平洋沖地震と発生するのですがその後はどうなっているのでしょうか、
a0127015_1839691.jpg



御沢に入ると、川幅いっぱいに大きな石がゴロゴロ(ゴーロ)しています。ここから2キロばかりの「石飛八里」の沢登りの開始で、ここでスパ長を脱いで沢シューズに履き替えます。
a0127015_18392964.jpg



沢の石には道標の「矢印」がついていたがなかなか見あたりません。以前は、「矢印」を目当てにルートを右左と探したのだが、様変わりしていましたよ。
a0127015_1840283.jpg


a0127015_18401657.jpg


小さい石を跳ね越え、大きい石はよじ登り…這い蹲り、時には川の中に踏み外したりして進みます。
a0127015_18403320.jpg
a0127015_18404232.jpg


川の両岸は切り立ち、上からみれば深い谷に見えるのでしょうが、その谷底を歩いています。岸から伸びるナナカマドやカエデはまだ夏の装いでしょうが1ヶ月も経てば真っ赤に化粧するのだろうと心を浮きだたせます。
a0127015_18421297.jpg


2時間ばかり登ると二又となり、右は大日沢、左をとって進むといよいよ源流への挑戦ですね。<その前にも二又がありますので左に入ってください。>



ここまで来ると川幅も狭くなり、勾配も増してきました。振り返れば大地森が遥か下流に見えるのですが今回は、マロ7というガス男が来てしまった_(._.)_。【川は上流から下流を見て、右が右岸、左を左岸といい、下流からは右マタ、左マタというそうだ。】
a0127015_18432379.jpg


いよいよ最後の、胸突き八丁で心して登ることにした。さすがに自然のちからは凄い。我々の行く手を遮るかのように巨岩が何段にも積み上げられルートを探すのに一苦労する。
そしてハシゴ滝に出会う。先行者はこの滝口を登り詰めて進んだ。後続の我々は夏道の迂回ルート(ロープありますがかなり老朽して危険)を見つけ急斜面を登ると、ヤブが待っていた。
ヤブを抜けると、これまでの情景とは違って穏やかな小川のせせらぎにかわった。「石飛八里」に休憩時間を入れて3時間掛かってしまったが、以前の「石飛八里」とは様相が変わりりルート選択にも大変だったでしょう。
a0127015_1843090.jpg



小川で一休み、ここで沢靴からスパ長に戻り一休みである。。
小川を幾度か横切り急な斜面に取りつく。ここが御沢登りの最後のところで急傾斜(ここも様変わりで以前のルートは消えていた)をロープを掴み登りきるとお花畑であるが最盛期をとうに過ぎていた。
a0127015_184529.jpg




ここからゴツゴツした岩場を登るが、一部には泥炭層がみられ古くは湿地帯であろうか。それにしても、期待通り名残のヒナザクラのお出迎えがあり心を和ませてくれた。
a0127015_18452148.jpg

a0127015_18463398.jpg


キンコウカ
a0127015_18454068.jpg




そしてサプライズのイワカガミ。
a0127015_18461784.jpg



御室下の斜面は遅くまで雪が残る「お花畑」になる場所で私のお気に入りの場所なんですよ。花はチョウジギク(^o^)
a0127015_18501217.jpg


御室に着くと山岳信仰の場にふさわしい景観が待っています。鉄分を含んだ岩帯は棚となり下に神社が祭られています。郷沢の源流は僅かばかり口を開けた石の裂け目から静かに源を発します。ここから川が生れ、地を潜り、水滴、小川となり、滝となり、本流となり大海原へ辿ると思う自然の憂いを感じてしまいますね。
そして、ここで昼食となりました。
a0127015_18511546.jpg


御室は駒形根神社の奥宮で、御沢コースは表掛けと言われる参拝道でした。
崖下にできた洞穴に石祠や石板が雑然と奉られています。 
a0127015_18512628.jpg



ガスの中、いよいよ栗駒山の山頂を目指す。
a0127015_1852321.jpg


ここから1時間ばかりの行程である。30分ほどで尾根の部分に登り詰めます。
a0127015_18523153.jpg



湯浜へ向かうルートは健全としているが、御室へは廃道化していくのだろうか。
a0127015_18525137.jpg

a0127015_18531532.jpg



しばらく足を進めると須川からとの分岐に出ます。
頂上までは20分ばかりで、峰の右手は大日沢で噴火の跡か大きくえぐられて踏み外すせば奈落の谷底である。左手はなだらかな地形で、遣い松の中に広葉樹であるが、1月後の彩りであるから錦繍まさにペルシャ絨毯のようであろうか。
a0127015_18533097.jpg


頂上1627.7メートル。。一等三角点にはGPSチップが埋め込まれていた。
a0127015_18542098.jpg



台風の影響で日本海側に雲がかかり遠景を満喫することは出来なかったが、午前7時30分の入山から6時間余りの栗駒山行でありました。
a0127015_18553562.jpg



後は中央コースを下るだけ。途中、会の皆さんが数年前に植生した状況を観察してイワカガミ平へと着いた。
a0127015_18555055.jpg



デポ車に乗せていただき、表掛コース登山口駐車場へ戻ります。
a0127015_1856722.jpg



輪を組んでストレッチと一言の感想を述べて楽しいお山歩きを満喫させていただきました。
a0127015_18573481.jpg


そして様変わりした「行者の滝」を見て帰路についたのです。
a0127015_18581228.jpg


【感想】 宮城労山の企画に一般参加できました。急遽お願いしましたところA会長に快諾していただき身に余る嬉しさです。そして、会の皆様には終始笑顔で接していただき有り難うございました。

表掛コースの「沢沿いコース」の検証・確認でしたが、私なりに申せばまだまだ通行禁止ですね。藪となったルートはあちらこちらに、「石飛八里」も矢印が消えて様変わりしています。梯子滝の急登の夏道はロープが朽ちています。御室に上がる急登のロープも朽ちております。
御室の上部には路盤にひび割れもありました。
一般の方々が入山するにはこれらが解消してからでしょうか。あとはお山の世界、自己責任で入山するならば、ルート選択と落石には要注意で団体行動ですね。
a0127015_7591780.jpg

[PR]
by maro4070 | 2011-08-28 20:10 | 宮城県北のお山


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧