甑岳・師走のいい天気を楽しむ(^O^)!!

【日  程】2010年12月5日(日)     
【天  候】晴
【山  域】船形山塊 甑岳 1015.5m
【行  程】9:25駐車場→10:00馬立沼分岐→10:55合流点→11:10徳内→11:15広場→11:35甑岳山頂→11:45広場→合流点→12:35馬立沼→13:00駐車場
【メンバー】マロ7・おっ家内
 
 12/4土曜日の暴風でお山に出かけて方はいたでしょうかね。
「天気は良し」と、この頃は当たる天気予報が言うもんだから出かけなければ…。
7時になっても腰が上がらないが、近場のお山ということで進路を西に取った。
青葉山トンネルを過ぎると心は“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪
当初は定義のお山と思っていたが、ここはもう少ししてからと方針変換。
大東がようやく白味を帯びてきた。そういえば、しばらく行ってないが…ここは「腹こすり坂」だからやめよう。(>o<")
ソバも食いたいし、定義参りもしたいが….ということで、未踏の甑岳へ向かうこととしました。
しばらく行ってない大東岳(この日はk4さんが登っていたので、あわや8/10の栗駒出会いの再現版)がお出でなさいと手招きをするが、山形のソバも喰いたしである。
a0127015_19282832.jpg





甑岳は,山形県村山市の東側,日本一のバラ公園で有名な東沢公園の背後にそびえる標高1015,5メートルの堂々たる風格のある山です。 関山街道を西に下り東根市内を右へ、黒伏山塊から北西側にぴょこんと突き出た、横に広いどっしりした感じの威厳のあるお山がそうです。バイパスにある「道の駅村山」から見ればその山容が感じ取れます。
 甑(こしき)とは,広辞苑に,「米などを蒸すために用いる器。瓦製で,形は円く,底に蒸気を通ずる穴がある。のちの蒸籠(せいろう)にあたる。」とありますが、どんな謂われなのでしょうか。
a0127015_19195098.jpg



行くお山は、未踏の甑岳に決めたが、下調べもしないで分県別ガイドブックのみである。山勘でGPSを設定したら入口に到着、ここから林道に入ります。
a0127015_1922680.jpg




甑岳への登山口は,林道の終点ですが,この林道は両脇が杉林や沢の大変狭く車のすれ違いはできません。 また、舗装はされておらず道路中央付近に石が剥(む)き出しになっていて結構凸凹の山岳道路です。
a0127015_1924246.jpg



普通乗用自動車ならば腹をガリガリとこするでしょうか。途中から急カーブと急勾配もあります。
a0127015_1931216.jpg



駐車場から数分で橋を渡りここから登りです。
まず橋を渡って、樹林の中を緩やかに登って行く。杉木立の中の道である。
a0127015_193277.jpg



手入れの行き届いた杉林には2カ所の水場がありますが、夏場にも流れているかは??
a0127015_1935382.jpg



傾斜がきつくなって、前方が明るくなる。もう稜線に着いたのかと思ったらそうではなくて、ここが馬立沼の入り口で、登山道は右に曲がる。沼に立ち寄りたかったが、それは帰りにしよう。
a0127015_1945915.jpg



青空が開けた栗林という地名です。足下を見たらやはり栗が沢山落ちており中には生栗もありました。おっ家内、生栗を食べていましたので、生栗は便秘になるどーって言ったらペッペッ(^^;) 熊だなもありましたが、木の根本が掘られ猪の気配も感じられました。ともかく樹林の中をひたすら行く。
登山道には栗がいっぱい落ちている。近くに熊が潜んでいそうで、不気味でである。
a0127015_1942372.jpg




急な道を登って、ようやく稜線に着いた。甑岳は左に向う。
ハチカ沢コース合流点に到着、ここからは展望を垣間見て登ります。
a0127015_1951616.jpg



右は  コースで、ちょこっと逆行すると見晴らし台がありました。黒伏山塊から面白山方面にかけてのパノラマが開けます。
a0127015_1955758.jpg


山頂まではほぼ尾根歩きで、西に葉山、東に船形連峰を見ながら登れるのがこのお山の持ち味でしょうか。
a0127015_1961534.jpg


樹林の中を急登すると30分ほどで左手に展望の開けたところに着いた。そこに「徳内坂」という案内がありました。
ガイドブックに書かれている「青雲の志」の碑はもっと上でしょう。
a0127015_196405.jpg



この「徳内坂」から急な道を登る。振り返ると村山の市街が広がっている。遠くの山々には霞がかかり遠望は効かない。10分ほど急登すると山頂広場に着いた。けっこう広い山頂には仙台からの夫婦が一組、おいしそうに昼飯の真っ最中である。
a0127015_197790.jpg



ここにはさっきなかった立派な「青雲の志」の碑があった。
昔のガイドブックにこの山頂はブナ林に囲まれて展望はきかないと書かれていたのだが、けっこう展望が開けている。今日の昼飯はソバ街道に向かうので、愛子の朝市で買った草餅をいただく。
a0127015_198482.jpg



そして、おっ家内が休憩している間に本物の山頂へ向かった。内心は、真白き鳥海山を見たかったのですが残念でした。
a0127015_1985516.jpg


山頂で25分休憩、あとは一直線で下ることにした。
下りは3人の方がそれぞれ登ってきた。お昼でも短時間で登れるのがこのお山の魅力だろうか。
a0127015_1994171.jpg


左手に黒伏山塊が、沢渡黒伏が今年も来なかったねぇ…って呟いていた。
a0127015_19295192.jpg


どんどん下り、栗林を通過やはり猪が掘り起こした土にしか見えない。猪は丸森が北限とされていたのにもうこちらまで来ているのであるか??でも、縄文遺跡からは青森でも猪の骨が発掘されているので不思議ではないか。
a0127015_19112065.jpg


すぐに馬立沼の入り口に着いたので、ここで沼に向かう。
沼は深い樹林に囲まれてひっそり湖面を広げていたが水深が浅いのだろうか、神秘的とは言い難かった。
a0127015_19114979.jpg


登山口に戻ったのは13時丁度で、沼を見て1時間15分で下山できた。
a0127015_1913137.jpg


山道を下りフロントガラスに映る・・(*゜~゜*)
アレッ、キノコが??やっぱりムキタケだった。思いもせずゲットでご機嫌になる。
今朝、お煮しめでいただきましたよ。
a0127015_1916917.jpg



腹も空いたし、今日は村山ソバ街道の「あらきソバ」である。
年1回は訪れる「あらきソバ」ですが今年初めて…でも、満員でしかも整理券付きなのだ。
30分位待ったでしょうか、いよいよ待望の新ソバをいただきで、マロ7は1.5盛りを最後は満腹に苦しんで満足満足ありきなのです。
a0127015_19164211.jpg


満足な気分のおっ家内……Σ(。・Д・。)アン?
a0127015_19183137.jpg


a0127015_19201114.jpg


【色 々】甑岳へは,村山駅からまっすぐ東に東沢公園に向い進むと,東沢公園手前の右手に甑岳の案内板がありますので,そこから右に入って林道を終点まで登ります。
「山形県の山」では,標準所要時間は,登山口から東根側からの登山道との合流点まで1時間20分,合流点から山頂広場まで40分の合計2時間です。
 因(ちなみ)に,山頂広場は甑岳の山頂ではなく,本来の山頂は山頂広場から北側n10分歩いた稜線上にありますが見晴らしは良くありません。
 山頂広場は結構広く展望がきき,東側の宮城県側の山々が,南側の東根市や天童市や山形市方面の市街や山々が,西側の村山市街,葉山,月山や朝日連峰が見え,眺望が素晴らしいです。
そして、山頂広場には,郷土の探検家最上徳内の碑があります。
[PR]
by maro4070 | 2010-12-05 20:25 | 山形のお山


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧