山寺と遊仙峡の彷徨…

【日  程】2010年11月7日(日)     【天 候】晴
【山  域】山形県 山寺と遊仙峡の彷徨 
【行  程】①【天台の道】7:10山寺駐車場→7:40修験場→白岩七岩→8:25垂水遺跡8:35→8:40修験場→9:15山寺駐車場
②【遊仙峡】9:35駐車場→9:50遊仙窟→10:10オーム岩→10:15白篠の滝→10:35岩小屋10:40→11:10駐車場
③【馬口岩】13:30駐車場→14:10くぐり岩→展望台→14:45日陰袖山頂上→15:00象岩→15:10駐車場
【メンバー】ミイラさん/アカネズミさん/ morinoさん/maronnさん/おっ家内/マロ7・6名

紅葉も里に下がってまいりましたね。
今日は県境を越えてリュックの背負わないラクラク登山です。
ここは昨年12月にミイラさんからお誘いがあり計画したお山であった…。
しかし、11月末に愛犬マロが不慮の事故で他界して傷心中のことであり、計画した天台の道は私の都合で流れてしまった。ヾ(_ _。)ハンセイ…

今回は、アカネズミさんも同行、ブログではいつも訪問しており…、おっファストコンタクト…。(^^;)
7時に山寺に集合し天台の道と遊仙峡を巡り山形イモ煮で山寺の秋を満喫し日陰袖山で締めくくる計画である。


有料駐車場においてさあ、古刹の道へ突入である。
a0127015_19332239.jpg







道に入ると左手に古碑が、かろうじて判読すると十八夜様の碑である。月待ち信仰だろうか、この日には幹事宅を決めて寄り合い酒盛りをしたんだろうね。参考まで、マロ7の近くには十三夜様がある…。
a0127015_19372575.jpg



樹間からは北東側に北面白山の山塊が見えはじめた。ゞ( ̄ー ̄ )イイねぇ~
a0127015_19382141.jpg




城岩七岩は、七岩が並ぶ山の頂である。対岸に見える所部集落から眺めると文字通り七つの岩だそうだ。とにかく、紅葉真っ盛りの朝に歩けるので朝日と同時に色づいた紅葉が冴えわたる。
左手の尖り山の向こうはジャガラモガラのある雨呼山だろうか…そういえばマロと行ったね。
a0127015_19393431.jpg



尾根道を歩くと、色づき前の葉っぱが、高級爪楊枝につかう黒モジだそうで、葉っぱの根元を噛むと心地よいペパーミントの味である。
a0127015_1940187.jpg



段々、奧へと進むとパワースポットがあるのではと思いこんでしまう…が
a0127015_19402884.jpg



天台の道には、たくさん石碑や建物跡地、巨岩・奇石がある。
やっぱり、垂水遺跡が本命だろうか…でも、白岩七岩の紅葉も最高ですよ。
a0127015_1941217.jpg


そそりたつ岩盤に蜂の巣があるように穴が開き、岩の割れ目から水が滴り、不動明王が厄払いをしているかのようだった。
a0127015_19412561.jpg


この垂水霊域には大正時代までに山伏の居住修行の姿があったそうだ。
860年に開山した慈自覚大師である円仁様の修行宿とか…
マロ7は階層になっている岩窟をみてまさにこれぞ「高僧アパート」と思った。(本気)
a0127015_19433335.jpg



そして、アカネズミさんが岩ナシと叫んだ。よく見ると小粒のナシであるかぶりつくとナシの味、でも空腹なら行けるかもとガブリ。鳥にとっては格好の餌かなと思う。話はそれるが、自宅でのマロ7は「○○ナシ」と言われる。そう、ボケナシではない、用ナシ…かな。
a0127015_1944744.jpg



車に戻る手前右手の山からガサガサと…、古い社務所の屋根に登る人影かなと
思ったら猿だった。ンンこれは雄猿かい。
a0127015_1945116.jpg



そして、今度は移動して初めての遊仙峡へ。
a0127015_19461973.jpg


どんな所だと思っていたら、金梯子、鎖場があり楽しいルートだ。アドベンチャールートにmorinoさんも楽しそうだ…と思う.(緊縮笑)
先行者が渓流写真を撮っていた。ふと、上をみたら見慣れたキノコが手に取るように、ムキタケゲットです。
a0127015_19471471.jpg



本命の遊仙窟は崩壊で通行禁止である。奧まで行ったら何とか通れそうであるが濡れて這い上がることは間違いなしのようだ。
a0127015_19473155.jpg




高度を上げながら(そんなに標高差はない)、橋を渡り梯子を登り高度を上げる。峡谷はまさに黄金峡である。
a0127015_19485030.jpg



あまい香りがしてきた。ミイラさんは桂の香りだという。アカネズミさんはカラメルの成分がそうしてると。そうだったのすかぁ~。((o_△_)o シランデシタ
a0127015_19502162.jpg



ミイラさんは崖をトラバースと言ってた。なるほど崖でチェンがぶら下がり、これを伝って進むことになる。このような被写体は当然にmorinoさんにレンズを向けてしまう習慣が出ており、シャッターチャンスを待つ楽しみがマロ7にはある。
a0127015_1951343.jpg



おっ、岩屋で誰かが呪文をと…?
a0127015_19514839.jpg


ここで、ワイルドなお楽しみコースは終わり、これより先は崩壊が厳しく通行禁止になっている…。
a0127015_1952656.jpg


ここで、本日一枚の記念シャスンだよ。アレッ~タイマーが短いかな(^^;)
a0127015_1952227.jpg



太陽もあがり、紅葉も日差しを浴びて木漏れ日に一段と冴えます。
初めての遊仙峡、通行禁止から奧に興味が沸きましたが我慢、お手軽なコースなので、春先もいいだろうね。
a0127015_20292096.jpg



さてさて、丁度小腹が…。キャンプ場跡地で芋煮会に入ります・・・向こうのお山は仙状岩だそうでこの、景観を見ながら本場、山形イモ煮となります。
ここには、黒岩というクライミングの岩場があるそうです。
a0127015_19533671.jpg



ミイラさんの仕切で芋煮の準備が進められます。そして2県の味を楽しみましたど。
a0127015_1956293.jpg



芋煮ができる前にポンポンのお腹に、でも皆さん別腹があるようでスカスカ入いり込みますね。
正統派山形芋煮もできあがり、鍋を平らげます。
a0127015_1957222.jpg


最後は、残り汁にムキタケとナラタケ、うどん、SBカレー粉を入れて雑炊のよ牛肉汁とキノコ汁の味が絶妙でありました。
a0127015_19574026.jpg


a0127015_1958187.jpg



満腹のお腹で今度は減量タイムです。「風雅の国」に移動し日陰袖山へ向かいます。
こちらも巨岩・奇岩だらけのお手軽コース。
a0127015_1958313.jpg



対面には山寺の東屋が、ズームアップしたらなんと満員でしたが…アレレ、大丈夫かな。
a0127015_19584894.jpg



甲岩、小東岳、山王岳、糸岳と初夏にmorinoさんと歩いた稜線が一望です。
a0127015_1959183.jpg



行き止まりの岩窟で一休み、何か江戸時代にタイムスリップしたようでした。
ここでの話は…還暦を迎えるとその年代以上の方々が一カ所に集まり共同集落を作って何とかかんとか…
a0127015_1959291.jpg



馬口岩からの展望、ここはアイスヒルとも呼ばれ厳冬期にはホンダラ(ツララ)が出来るそうな。
a0127015_19594452.jpg



日陰袖山の尾根には熊棚ができていました。この位の枝はバキバキ折るそうで葉っぱも枯れていないので最近のものらしいって…アカネズミさん。
a0127015_200626.jpg



普段の山歩きとは異なり、変化に富んだそれぞれの古楽の道を歩き、お山は減量することと決め込んでいた考えはどこかに吹っ飛んでしまいました。
a0127015_2002016.jpg


帰路は、おっ家内がドライバー。朝方の駐車場で求めた特大リンゴを…ガブリ。
あれっ、リンゴダイエットですかいな。
a0127015_2003810.jpg


さてさて、ザックなしで三つの短いコースは気分良く軽く歩けた感じ。
小春日和と言ってもいいくらいの穏やかな日に和気藹々と秋を堪能した一日でした。
[PR]
by maro4070 | 2010-11-07 20:54 | 山形のお山


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧