祝瓶山は朝日連峰の南端の独立峰…

【日  程】2010年9月26日(日)     【天 候】晴
【山  域】朝日連峰   祝瓶山 1,417m
【行  程】8:10祝瓶山荘登山口~8:15カリクラ橋~8:50桑住平~11:10祝瓶山山頂12:15~分岐~鞍部~分岐~桑住平~~カリクラ橋~14:55祝瓶山荘登山口
【メンバー】morino・maronn・マロ7・ 計3名(ー2名)

今夏、行こうとなっていましたお山は朝日連峰の南端にある、東北のマッターホルンといわれている「祝瓶山」です。

a0127015_1835160.jpg






 自宅を午前4時30分に出発、途中、morino・maronnと合流して一路東北道へ、山形道を進み山形中央道上山ICで降ります。南陽を通り長井市を通過して長井ダムから登山口に当たる祝瓶山荘前の駐車場には7時50分に到着です。ここまで3時間20分、170㎞の道程です。画像は菅野ダム、昭和20年代後半に造られたそうで顔を出していました。
a0127015_18353039.jpg



 車は私たちが5台目、ちょうど女性3名が出発していきました。山荘前にはテント泊の方もいるようです。
a0127015_18384398.jpg


 祝瓶山荘の前を8時10分に出発、杉林の林道から吊橋のカリクラ橋を渡ると、道が狭くなります。morino さんの後をついていたので表情は撮影できませんでした。
a0127015_18393710.jpg


野川本流の分岐を左に進み、崩壊地を上に巻くようにロープをつたいます。沢近くに下ってアップダウンの少ない登山道が続きます。
 8時20分、木の間に祝瓶山が目に入りました。青空はそのままです。
a0127015_18401615.jpg




8時50分、桑住平に到着。左・祝瓶山、右・大朝日岳の分岐になります。 
3回ほど小沢を渡るとブナ林のヌルミ尾根を登るようになります。
a0127015_18411376.jpg


 
空は青空、心も軽くですが、もう、急登・急登の連続の始まりです。これから延々と登りが続きますが、山頂での展望が残っているようお祈りしながら…
a0127015_1842682.jpg




ブナの稜線から右に帰路の尾根が見えてきました。
樹勢が低くなり、左が切れた登山道になります。
左が開けてダム方面の展望が広がりますが、注意しながら踏み跡を辿ります。
a0127015_18424646.jpg



 10時25分、やっと隣の大玉山のピークの奥に大朝日岳が姿を現しました。
今日はこれが見たかったのです。進行方向に祝瓶山のピークが見え、先行の女性グループの歓声??<よほどの展望なのでしょうと想像>が聞こえてきました。
a0127015_18435474.jpg




 両手を使って登る部分が出てきました。 
10時55分、再び周りが開けて背後を見ると吾妻連峰が雲上に浮かんでいます。段々と足が重くなってきました。 最後の岩場の急登が始まります。ロープを伝わり手がかり足がかりを探しながら赤ペンキを追います。
11時15分、登山者数名のいる山頂に到着です。
a0127015_18443591.jpg


前走の女性グループの歓声はとmorinoさんが聞いたら、何と蛇が出てきたそうです。
360度全方位展望のなかランチタイムに突入です。
本日は海鮮、三陸沖の秋刀魚のすり身(ツミレ)です。そして、maronnさんからお豆腐カマボコをアレンジして美味しくいただきです。
a0127015_18455142.jpg



山頂で地図を広げて山座同定です。双耳峰の磐梯山、黄金の庄内平野の向こうには日本海が…最高です。
a0127015_18463227.jpg



a0127015_18465371.jpg


 
12時20分、1時間を越える長居、そして展望を満喫し撤収です。
a0127015_1921598.jpg


a0127015_18475513.jpg


西日さす影祝瓶山を見ながら帰路は小国側に下り、途中から右にカクナラ尾根を下ります。振り返ると違った形、三角形の祝瓶山が目に入ります。あとは大朝日岳を見ながら下るだけです。
a0127015_18482880.jpg


 
長々と続く下山路、カクナラ尾根最低鞍部では標高1000mを切りました。ということは、一気に400m降下です。
a0127015_18484587.jpg



ここから少し登り返して、13時25分、大朝日方面と祝瓶山荘への赤鼻の分岐点です。
大玉山へ1300m地点まで登らなければと、思ってましたが100mくらい登っただけでしたから万事休すです。
a0127015_1856464.jpg



道は明瞭ですが、所々に鎖、ロープが設置されておりここを登らなくて正解と…。
a0127015_18562866.jpg




展望が開けて祝瓶山が目に入ります。かなり下ってきたようです。
a0127015_18564947.jpg



道はいったん平らになり、ブナ林の下降です。涼しい風が吹きぬけて気持ちが和らぎます。
沢を渡渉して桑住平、 登りの登山道との分岐点であとはほぼなだらかです。
つり橋はmorinoさんよりお先してシャッターチャンスをねらいましたよー。
a0127015_1858792.jpg




あとはほぼ平らな道を戻るだけで、15時丁度駐車場所に到着でした。
お山は晴れれば印象が強いものです。360度の大展望とあればなおさらです。
本当に印象に残るお山でした。
a0127015_18585580.jpg
 


帰路は長井の桜湯(300円)で、山頂でお会いした米沢のkさんと山談義です。
a0127015_1903453.jpg



そして夕げは「ゲソ天ラーメン」いただきです。
a0127015_192519.jpg



だいたい  登り3時間、下り2時間40分 計5時間40分
a0127015_193501.jpg


※ 登りの東尾根は鎖、ロープが一本もありません。
※ 祝瓶山荘までは木地山ダム以降は未舗装となるものの、それほど荒れてはいませんでした。どこかの岳山林道とは大違いですな。


オマケ…ラーメンやさんにあった看板。この意味は???
a0127015_1945148.jpg

                                                 
[PR]
by maro4070 | 2010-09-26 21:35 | 山形のお山


ようこそお出でいただきました。あっちこっちのネタですが辛抱してみてくださいませ。(^O^)


by maro4070

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンクだす(^.^)

http://www13.plala.or.jp/maro7/

最新のトラックバック

にあんちゃん その後
from 芸能ニュース最新情報通信♪

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧